チベット ネパール パキスタン インドネシア ベトナム 旅本よんで旅にでようHOMEへ 世界各地の旅本 旅写真・旅コラム フランス オーストラリア アフリカ ヨーロッパ アジア ニューヨーク ハワイ メキシコ 中南米 日本 アメリカ エジプト トルコ アラブ・中近東 アラスカ ロシア 韓国 台湾 タイ インド カンボジア 旅本よんで旅にでようHOMEへ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
TOP | NEW <<
スポンサーサイト
2005.10.11 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | ▲PAGE TOP |
犬と旅に出よう
2005.08.16 Tuesday 23:50
斉藤政喜 著 / 新潮文庫社 / 2005年 / ¥476(税別)

【犬と旅に出よう:斉藤 政喜】
シェルパ斉藤こと斉藤政喜さんが、愛すべき犬達と一緒に日本のあちこちを旅する書籍。
犬の名前は、ニホ・サンポ・トッポ。
九州耕運機の旅のお供はサンポ。(サンポは六本木の飲み屋のお姉さんが育てられなくなったラブラドールを斉藤さんが引き取った犬である)
一緒に八ヶ岳に登ったのはサンポの娘トッポ。生まれて5ヶ月めのことである。
そして一番最初に家族の一員となった犬がニホ。
心無いブリーダーの元で生まれ、ペットショップで売れ残ってしまっていたニホを家族の一員として迎え入れたのである。そのニホが病気で他界。
斉藤さんと、サンポ、トッポはニホ追悼の旅に出る…。
家族の一員のようにごく自然と犬と共に暮らし旅する斉藤さんの本を読んで、ネコ派な私が猛烈に犬と暮らしたくなってしまいました。
時には相棒、時には用心棒、ステキな旅です!


伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ★★☆ / おすすめ ★★★★★
| └ 日本 | comments(3) | trackbacks(1) | ▲PAGE TOP |
てくてくカメラ紀行
2004.11.28 Sunday 00:40
石川文洋 著 / 畔幻房 / 2004年 / ¥850(税別)
てくてくカメラ紀行
北海道から日本海沿岸を歩いて沖縄まで。
かねてから「日本を歩いて縦断したい」という夢を持っていた著者が、65歳を機に実行に移した。
全149日、歩行距離3300km。
各地で、出会った人々に温かいもてなしを受け、日本もまだまだ捨てたものではないかもしれない、とほんの少し安心する。
350枚の素敵な写真を日記形式で書き下ろしている。

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★☆☆ / おすすめ ★★★★☆
| └ 日本 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
213万歩の旅
2004.06.14 Monday 22:11
シェルパ斉藤 著 / 小学館社 / 1992年 / ¥1260(税)
213万歩の旅
「ビーパル」の企画で東海自然歩道1343劼鯏綿發覇破。途中骨折をし3ヶ月中断するも、退院後引き続き歩き始める。毎日少しずつ進み、21ヶ月かけて完歩。
訪れる村で人の暖かさに触れ、そこに出会いやドラマが生まれる。
重いリュックを背負っての山越えは結構辛そう・・・。

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ★★☆ / おすすめ ★★★☆☆
| └ 日本 | comments(2) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
ウッシーとの日々 3・4巻
2004.06.04 Friday 23:59
はた万次郎 著 / 集英社 / 2004年 / 各¥476(税別)
ウッシーとの日々 3・4巻
田舎暮らし絶賛満喫中のはたさん。お互いマイペースな毎日を過ごしている時に人一倍じゃれる犬が登場。その変な行動にはたさん・ウッシーは振り回されっぱなし・・・。
北海道の雄大な自然、厳しい自然を楽しんでいる徒然日記。田舎暮らし万歳コミック。

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★☆☆ / おすすめ ★★★★★
| └ 日本 | comments(2) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
鉄道の旅 100選 乗ってみたい路線
2004.05.31 Monday 22:43
南正時 著 / 淡交社 / 1994年 / ¥1800(税別)
鉄道の旅 100選 乗ってみたい路線
鉄道と旅の写真家が日本全国の鉄道をEOSを引っさげて撮りまくっている。その路線の写真、付近の案内、役立つ情報などを網羅。単線にカタコトと揺られる旅をしたくなるような著書。

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ☆☆☆ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★★★ / おすすめ ★★★★☆
| └ 日本 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
ウッシーとの日々 1・2巻
2004.05.26 Wednesday 17:13
はた万次郎 著 / 集英社 / 2003年 / 各¥476(税別)
ウッシーとの日々 1・2巻
東京から北海道の下川というところに移り住んだ漫画家「はた万次郎」が牛そっくりな犬「うっしー」に一目ぼれ。そこからうっしーとの日々が始まる。
自然と戦い自然を楽しむ。自由でのほほんな田舎暮らしコミック。
田舎暮らしに興味がある人に超ーおすすめ!

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★☆☆ / おすすめ ★★★★★



今Amazonで確認したら4巻まで出てました!(文庫本)
早速購入します・・・。
| └ 日本 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
阿呆列車
2004.04.14 Wednesday 07:00
内田百聞 著 / ちくま文庫社 / 2002年 / ¥1100(税別)

百聞氏の昭和20年代の紀行文学の傑作。
まだ読んでません、NYへの旅のお供に持っていきます。
百聞:「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」
ワタシ:「なんにも用事がないけれど、飛行機に乗ってNYへ行って来ようと思う」
いってきます!



旅に出るとテンションが上がってしまう私。
このような小難しい文学書は精神的に落ち着き集中した時にしか読めないのですが・・・。むむむ、果たして読破できるのでしょうか、自分にもわかりません(困)
ちなみに、以前バリ島に「金子光春氏のアジア無銭旅行」を持っていって失敗した前科ありです。
| └ 日本 | comments(4) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |