チベット ネパール パキスタン インドネシア ベトナム 旅本よんで旅にでようHOMEへ 世界各地の旅本 旅写真・旅コラム フランス オーストラリア アフリカ ヨーロッパ アジア ニューヨーク ハワイ メキシコ 中南米 日本 アメリカ エジプト トルコ アラブ・中近東 アラスカ ロシア 韓国 台湾 タイ インド カンボジア 旅本よんで旅にでようHOMEへ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
TOP | NEW <<
スポンサーサイト
2005.10.11 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | ▲PAGE TOP |
女神が遺した国エジプト―古代文明発見の旅
2004.11.08 Monday 12:55
水上洋子 著 / 祥伝社 / 1998年 / ¥600(税込)
女神が遺した国エジプト―古代文明発見の旅
エジプトはファラオ(王)ではなく女王が中心となって発達していった文明である。その証拠に王位継承権は母から娘へと受け継がれていく。これは最後の女王クレオパトラまで続いた。
エジプトの北から南を訪れ、それを再認識する。

伝記・歴史 ★★★ / 体験記 ★★☆ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ★☆☆ / おすすめ ★★★☆☆
| └ アラブ・中近東 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
カスバの男 モロッコ旅日記
2004.08.18 Wednesday 22:20
大竹伸朗 著 / 集英社 / 2004年 / ¥540(税別)
カスバの男 モロッコ旅日記
*以下私の主観に基づいて記しています。

画家である著者がモロッコへ。
つかみどころの無い比喩、抽象的な言い回し、現実からかけ離れている文章。
モロッコを歩いているのに、自分の理想と空想の中を歩いているようでさっぱり私には理解できない。
文章を読んでみてもそのイメージがまったくわかないのだ。
私の感受性がショートしているのか、はたまた感覚の相違なのか。
途中から斜め読みしてしまった。

伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ☆☆☆ / おすすめ ★☆☆☆☆
| └ アラブ・中近東 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
イスラムの誘惑
2004.05.18 Tuesday 17:48
菊間潤吾 監修 / 新潮社 / 2001年 / ¥1800(税別)
イスラムの誘惑イスラム好きにはたまらない著書。
イスラム圏各国の歴史や遺跡、文化をその道に精通しているライター達が深く掘り下げて書き下ろしている。テキストも写真も申し分ないほど完成されている。

伝記・歴史 ★★☆ / 体験記 ★☆☆ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★★☆ / おすすめ ★★★★★
| └ アラブ・中近東 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
イラクの小さな橋を渡って
2004.03.18 Thursday 19:52
池澤夏樹 著 本橋成一 写真 / 光文社 / 2003年 / ¥1000

アメリカが今にもイラクを侵攻する、その直前にイラクに入国。
もし戦争になったら、この人々はどうなるのか。この子供たちは・・・。
そんな思いを本橋氏の美しくも悲しい写真と共に書き綴っている。

伝記・歴史 ★★☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★★★
ガイドブック ★☆☆ / おすすめ ★★★★☆
| └ アラブ・中近東 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲PAGE TOP |
サハラ砂漠の王子さま・モロッコで断食(ラマダーン)
2004.03.15 Monday 21:02
たかのてるこ 著 / 幻冬社 / 2004年 / ¥600・¥550

銀座のOL旅人たかのてるこ氏のパリからモロッコまでの個人旅行記。

「サハラ砂漠の王子さま」ではイスラム人に何度も襲われそうになったり、サハラ砂漠の徒歩横断、ちょっぴりロマンスありと、自由旅行を謳歌している様子が窺える。
伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ☆☆☆ / おすすめ ★★★★☆

「モロッコで断食(ラマダーン)」ではモロッコで偶然出会ったベルベル人のカリッドとの道中が主な内容。こちらは少々くどい文章に最後は飽きてしまった。
伝記・歴史 ☆☆☆ / 体験記 ★★★ / 写真・イラスト ★☆☆
ガイドブック ☆☆☆ / おすすめ ★★☆☆☆
| └ アラブ・中近東 | comments(0) | trackbacks(1) | ▲PAGE TOP |